蒸れないファッションコーデの作り方

お気に入りの服でコーデをしたは良いけど、蒸れて汗をかいてしまった、
そんな経験はありませんか。
実は衣服による蒸れはちゃんとポイントさえ守れば簡単に解消できるんです。
今回はそんな蒸れないファッションコーデのコツについて説明していきます。

・蒸れないコツは空気の逃げ場を作ること

まず、衣類で蒸れが起きてしまう原因ですが
これは、ある程度ゆるめの着こなしをしている場合に発生する
服と肌の隙間によるものとなっています。

この隙間があるおかげで熱気がこもり汗をかいて、また熱気がこもるという悪循環に
陥ってしまうわけなんです。
もし、肌との隙間がないしっかりフィットしたアイテムならば、汗はかいても熱気がこもらず
そうした悪循環になることはありません。

では、フィットしないアイテムの場合、蒸れないためにどんな工夫をすれば良いのか。
それは当然ですが空気の逃げ道を作って通気性を良くしておくこと。

寒い時期の場合は、空気が出来るだけ首の周辺から逃げられるように、熱気が逃がせる場所を
作っておくのが望ましいです。
腰など下半身に近い場所でそうした隙間を作ってしまうと風が過度に入りやすく
体を冷やしてしまう可能性があるので注意しましょう。

ファッションにおいて紫色がもたらす効果とは?

ファッションにおける紫色。
この色は一体どのような効果をもたらすのでしょうか。

・紫色は品格とエキゾチックさを併せ持つ

紫色は一般的に気品を感じさせやすいカラーと言われています。
これは赤色やピンクといったレディースカラーを感じさせつつも相反する存在である青色が付与されているため。
またメイクでお馴染みのアイシャドウにも一部紫色が使われ続けているように、古くから美しさ、上品さ、高貴さを
表す、カラーとしての役割も持っています。

加えて、上記で説明した赤と青の相反する色の組み合わせが、ある種の異文化、異国情緒感に繋がるとして
外国的なイメージをもたらす場合も。
紫色は日常の中では感じにくい色合いでもあるため、”非日常”的なイメージが強いんです。

ファッションにおいて紫色は中高年層のコーデに良く映えるのがポイント。
もちろん、若年層の色合いとしても使えますが、その場合は明るいトーンのアイテムを
扱ったり、他の色でカバーしてバランスを取らないと、
独特のケバケバしさを感じてしまうことがあるかもしれません。

扱いは他の色に比べて難しいかもしれませんが、その分、可能性を秘めた色だと言えます。オリジナルTシャツでも人気の色です。
紫色が好みの方は是非紹介した点を踏まえて、より良いコーデを構築してみてください。

ファッションにおいて黒がもたらす効果とは?

ファッションにおける黒。
この色は一体どのような効果をもたらすのでしょうか。

・黒は輪郭を強調する色

コーデにおける黒色はファッション全体の輪郭を強調する効果があります。
全身黒色カラーを好む人もよく見られますが、あのようなファッションは
服装を厚い輪郭線としてボディを強調するという事を、シンプルな形で表現した物と言えます。

また、黒色は冠婚葬祭で使われるカラーでもあるので、礼節や清潔さというイメージも抱きやすいです。
こうした性質は白色とよく似ているのですが、それとは違う部分として、衣類の生地によってイメージを
変化させられることが挙げられます。

例えば黒のジャケットはまさに礼節、マナーを感じさせやすいですが、黒の革ジャンなどはそれとは逆に
パンク、ロックさ、渋み、ワイルドさなどが想像しやすいでしょう。
これは生地質の深みによる違いもありますが、殆どの場合ファッション文化において
長年黒が作り上げたイメージが影響しています。

黒色と相性の良い色としては主に白色、黄色など明るい色が挙げられます。
黒色をコーデの主体におきたいけれど単調な見映えになるのは避けたい、という時には
濃い茶色、濃い青色系統のアイテムを加えると、全体の色調が増えて見映えの複雑味が出てきます。

靴下のデザインはどうやって決まる?

靴下のデザインを決める際は履き心地や作り手、もしくはメーカーのこだわりの要素を
優先させて作りに盛り込んでいきます。

臭い対策では臭いが生地に溜まらないように、足のケアをしている方用には
防菌加工を施したり、汚れが残らないようにカラーリングを変えたり…など
市販の靴下1つとっても、気づきにくい工夫がいくつも込められているケースが殆ど。
日常的に扱うものなので履きやすさ、使いやすさというのは
靴下にとって何よりも大切な要素となっているんです。

もちろん、ファッション性を重視している靴下は必ずしもそうであるとは限りません。
しかし、それでも最低限の機能性は求められてます。

また、靴下は足だけではなく靴の相性も考えられて作られています。
販売するのであればビジネスブーツからスニーカーまで、
どの靴でも快適に履けるような靴下をデザインしなければいけません。

歩いた時に負担は無いか、靴ずれなどが起きないかといった相性面を
考慮した上で制作され、商品として店頭に並んでいるんです。

靴下を購入する際は、靴下にどんな機能が備わっているのか
良くチェックしてみて、その利便性を改めて実感してみては如何でしょうか。

男性下着のデザインはどうやって決まる?

男性下着のデザインは穿き心地、通気性などの点からアイデアが練られていき
デザインが決められます。

穿き心地、つまりフィット感は負担なく着用し続けるために大切ですし
通気性は蒸れなど不快感を減らす要素としてとても重要です。
メーカーによってはこれに加えて季節の変化に応じて発生しやすい
臭いや汚れに対して考えられた工夫が施されています。

ちなみに下着の色に白や黒が多いのは清潔感を感じやすいカラーであるため。
これも汚れなどが見立たないようにするための1つの工夫だと言えます。

通常の下着は周囲に見せるケースはほぼ無いと言えるので殆ど上記で挙げたような
機能性強化をコンセプトに作られていることが多いです。

ただ、トランクスといったアイテムは若年層向けに装飾性や柄の格好良さに力を入れていることがあり
見せないことを前提とした本来の下着と比べるとやや特殊。
見映えの良さを活かして腰パンのようなスタイルに使われたりもしています。

しかし基本的にはマナーなどの関係もあり下着は露出がオススメできません。
スパッツなど下着と同じ様なフィット感を与えてくれるボトムスもあるので
極力そちらを用いてコーデを作り上げるのが望ましいです。